ガス機器のトラブル

給湯器の寿命は一般的に10年~15年程度といわれています。

「お湯も水も出ない」
「お湯にならない」
「温度が安定しない」
「音がうるさくなった」
「機器内部から水漏れが発生する」
「臭いがしてくる」
などこのような症状が出てきたら交換のサイン。

こちらでは給湯器・風呂釜に比較的よくある症状とガス給湯器の故障原因を分類してご紹介いたします。
給湯器・風呂釜の寿命を延ばし永く使っていくためには、定期的なお手入れ・メンテナンスを行うことをお勧めします。
給湯器を長年交換していない方や、買い替えをお考えの方は当社までご相談ください。

給湯器・湯沸かし器のよくある故障の症状

●お湯も水も出ない・お湯にならない・温度が安定しない
1ヶ所のみ出ないや熱いお湯が出ない、またはお湯にならないや温度が安定しないなどの場合は、水栓の不具合が考えられますので、水栓の交換もしくは修理が必要です。
ですが、すべての水栓で同様な場合は、何らかの給湯器の不具合かと思われますので、給湯器の修理もしくは交換することをオススメします。

●煙が出たり、においがする
【排気口や排気トップから白煙が出ている】
冬に吐く息が白いように、排気ガスの中の水蒸気が白く見えます。
恐らく異常では無いかと思いますが、状況によっては点検をオススメします。

【黒煙が出ている】
不完全燃焼を起こしていますので、早急に修理か機器の交換が必要になります。
また、熱効率も落ちています。
そのままお使いになるのは危険ですのでご使用されないようにしてください。

【酸っぱいにおいがする。排気口に顔を近づけると目がチカチカする】
給湯器の不具合が考えられます。
早急に修理か機器の交換が必要になります。
そのままお使いになるのは危険ですので、すぐにご連絡ください。

●異音がする
【配管から(キーン)という共鳴音がする】
ウォーターハンマー現象が起きているものと思われます。
チャッキ弁等の配管内の圧力を低減する装置を組み入れることによって、症状が緩和される場合があります。

【ホラ貝のような音、ピーという笛のような音がする】
空気とガスのバランスが崩れている場合や、ファンモーターという部品の不具合が考えられますので、修理もしくは機器の交換が必要になります。

【点火する時に、変な音が聞こえた後ボンと小さな爆発音が頻繁に起き、ガス臭い】
お使いの給湯器が不完全燃焼を起こした際にみられる現象の可能性が。
ガス漏れの可能性もありますので修理もしくは機器の交換が必要になります。

【代表直通】080-3837-7144
【事務所】072-247-4991
【営業時間】24時間対応
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】大阪市を中心に近畿一円

一覧ページに戻る